やわたのイソフラボン&ファイバーの最安値は公式サイト。アマゾン、楽天には取り扱いなし。


イソフラボン&ファイバーは、アマゾンと楽天では販売していない。

早速サイトで検索。
サイトに"やわたのイソフラボン&ファイバー"と検索してみた。

アマゾン・楽天を探した結果

イソフラボン&ファイバーは、アマゾンと楽天では販売していません。

検索しても該当する商品はありませんでした。

スポンサーリンク

イソフラボン&ファイバーは薬局で購入できるのか?最安値調査して見ました。

イソフラボン&ファイバーが薬局で購入できれば便利ですよね?

近所の薬局で購入できれば手軽ですし、なくなった時にも自分のタイミングで購入できますからね。

大手のドラックストアを中心に探して見ました。

マツモトキヨシ

マツキヨの結果

イソフラボン&ファイバーは、マツキヨでも販売していませんでした。

お買物するほどおトクなマツキヨポイントで有名なマツキヨでも商品はありませんでした。

ウエルシア

ウエルシアの結果

イソフラボン&ファイバーは、アマゾンと楽天では販売していません。

Tポイントがよりお得に貯まり、使えるウエルシアでも商品はありませんでした。

セイムス

セイムスの結果

イソフラボン&ファイバーは、セイムスでは販売していません。

置き薬の富士薬品が展開する、ドラッグストアチェーンのセイムスでも商品はありませんでした。

ココカラファイン薬局

ココカラファインの結果

イソフラボン&ファイバーは、ココカラファインでは販売していません。

1300店舗のドラッグストア・調剤を運営するココカラファインでも商品はありませんでした。

ツルハドラック

ツルハの結果

イソフラボン&ファイバーは、ツルハでは販売していません。

北日本のドラッグストアチェーンを展開するツルハでも商品はありませんでした。

カワチ薬品

カワチ薬品の結果

イソフラボン&ファイバーは、カワチ薬品では販売していません。

栃木地盤。東北・北関東で郊外型大型店中心に店舗展開しているカワチでも扱いはなし。

コスモス薬局

コスモス薬局の結果

イソフラボン&ファイバーは、コスモス薬局では販売していません。

九州を拠点に全国へ展開中のドラッグストア、『ディスカウントドラッグコスモス』でも販売していませんでした。

店舗調査のまとめ
大手のドラッグストアにおいても店頭では販売していなかった。
公式サイトでは、
初回限定としてweb限定30%オフの2,268円+送料216円=2,484円(約1ヶ月分30日 1日辺り82.8円)
送料も218円と掛かりますが、購入しに行く手間を考えれば公式サイトが便利ですね。
全額返金保証付きなのでやっぱり公式が安心ですね。
スポンサーリンク

イソフラボン&ファイバーの効果|おすすめの飲み方を検証。意外な結果に・・・・。

飲み方ってどうするの?
検証して見ましょう。
イソフラボン&ファイバーの飲み方
飲むタイミングは特に決められていません。
好きなタイミングで飲めばOK!!

お好みに合わせて ヨーグルト、牛乳などに1日1袋を目安に混ぜて飲むのがおすすめ。

※サプリメントの摂取による大豆イソフラボンアグリコンの上限量は30mgといわれています。
1日の摂取目安量をお守りください。また、イソフラボンを含有する他のサプリメント等との併用にはご注意ください。
※妊娠中・授乳中の方、乳幼児および小児は、摂取をお控えください。

POINT
食品安全委員会新開発食品専門調査会において、
特定保健用食品としての、 大豆イソフラボンの安全な一日上乗せ摂取量の上限値を30mgとされている。1日の摂取最大量が決まっているので注意が必要です。
スポンサーリンク

イソフラボン&ファイバーのメリットとデメリットとは?

大豆イソフラボンって何に効果があるの?

大豆イソフラボンが健康に良いと言うことは分かるけどどんなメリットがあるかは知らない。
そんな方も多いのではないでしょうか?
メリットについて調べて見ましょう。

大豆イソフラボンを摂取することで得られる"メリット"ってあるの?
大豆イソフラボンの健康作用が関心を集めています。
女性は40歳を過ぎると、女性ホルモンのエストロゲンが大きく減少します。その結果として、様々な不調が現れます。
大豆イソフラボンはそうした女性の健康をサポートする可能性があると考えれている。
どうしても女性は、更年期、閉経を迎えそれに伴い「更年期障害」と呼ばれる体のトラブルが見られることがあります。
それで大豆イソフラボンは、エストロゲンの不足を補い、トラブルを予防してくれる訳ですね。
大豆イソフラボンを摂取することで得られる"デメリット"ってあるの?
食品安全委員会新開発食品専門調査会において、
特定保健用食品としての、 大豆イソフラボンの安全な一日上乗せ摂取量の上限値を30mgとされている。
1日の摂取最大量が決まっているので注意が必要です。過剰摂取した場合に考えられる危険性は、乳がんの発症や再発リスクの増加が可能性的に考えられています。
安全性に重点を置いて定められた数字の為、長期的に大幅な摂取量を超えない限り直ちに健康被害が起きる事ではないとしています。大豆アレルギーのある人はサプリにも注意
大豆はアレルゲンになりうる食品です。
当然アレルギーがある方は、イソフラボンを含む食品はもちろん、サプリメントの摂取もできません。

女性は必ず訪れる更年期障害、少しでも知識を高めて抑制できる様に努力しておきましょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事